自分が死亡した場合

交通事故によって、自分が死亡する場合もあります。自分が死亡した場合や身内が死亡した場合などは、当然ですが相手に慰謝料を請求することができます。遺族がそれらの手続きを進めるのですが、基本的に個人で進めるのは難しいです。相手が保険に入っている場合は保険会社が対応してくれますが、それでも死亡した場合は保険金だけでは耐えられないということもあるでしょう。

弁護士自分が死亡した場合はもちろんですが、身内が死亡した場合は。その衝撃も大きなものとなります。そういう場合は、必ず弁護士を介して慰謝料を請求することが必要となります。死亡するほどということは、相当な過失が相手にあるかもしれません。その過失の大きさによって請求できる慰謝料も増減します。

自分に過失がない場合は、多額の慰謝料を請求することができます。例えば、相手が信号無視をしたり、スピードの出し過ぎだったりすると、それを上乗せして慰謝料請求することが可能です。悪質なドライバーであればあるほど、慰謝料の請求は大きくできるので、そこはしっかり弁護士と相談して決めていくようにしましょう。そうするだけでも、相当対応しやすくなると言えます。気になる方は、まずは交通事故弁護士と呼ばれるような交通事故案件に強く、解決実績の多い弁護士事務所に相談してみてください。