相手が死亡した場合

事故交通事故を起こした場合は、相手が死亡する場合もあります。相手に過失があるのに相手が死亡してしまった場合は、なかなか慰謝料請求もできないことがあります。しかし、相手が悪質なドライバーだった場合に自分が被害を受けた時には、相手の親族に対して慰謝料を請求することが可能です。例えば、信号無視やスピード違反など、交通事故を起こした原因が相手にある場合、その慰謝料請求もより可能となります。ただ、個人ではなかなか話も進まないことが多いですし、示談という形を取ると失敗することもあるので、専門知識がある弁護士に相談して対応してもらうのが確実です。

相手の親族によっては、「本人とは関係ないから、慰謝料の請求には応じられません」という態度の場合もあります。実際にそういう事案で泣き寝入りするしかない方も多いです。だからこそ、専門の弁護士が必要となるのです。泣き寝入りする状態にならないためにも、専門知識を持った人と協力して戦えるようにしていくことが必要となります。もちろん、自分に過失があって相手が死亡してしまった場合は、逆に慰謝料を請求される場合もあります。その場合も、弁護士を通して対処するようにすると良いです。